きりんの都立中学受検の話

都立中学受検の思い出とJCの日常を母が綴ります。

親が中学受検の過去問を解いてみたら

夏休み後半頃だったか、過去問の問題集が届きました。

 

厚い!! 「赤本」ならぬ「金本」 金色の表紙でした。

 

塾からは「まだ過去問はやらないで下さい。始めるときは伝えます」

 

と言われたとのこと。     まだやらないのか・・・

 

5年生時は日々の計算問題もやらなかったこきりんだったが

 

今年はさすがに演習問題をまじめにやっている。

 

そして・・・9月 まだ過去問はやらないのね?

 

10月・・・まだ過去問やらなくていいの? 何も言われていない?

 

11月・・・まだ過去問やってと言われてないの? 先生に聞いてみて。

 

「もう過去問やってていいんですよ」 ってあっさり言われたそう!!

 

えっーー!!

 

もっと早く始めててよかったんじゃ??    っていうか

 

もっと早く始めるべきだったんじゃない??

 

今からやって終わるのかなぁ。 

 

1周やるのがせいいっぱいで2周目は無理だろう。

 

都立中学全校の5年分の過去問は大量にみえたが・・・

 

共通問題は1回解けば、他校も同じ問題(共通問題)なわけで

 

あとは自校作成問題だけだ。

 

目次の各校に印をつけていく。 目標は全て1回は終わらせること。

 

 

そして    母きりんも過去問をやってみた。

 

基礎中の基礎の知識があれば解ける。問題文が会話形式で長いが

 

よく読めば解法の考え方が書いてあるので(特に算数問題)

 

大人なら結構できる問題だ・・・ と思うが

 

時間が足りない!! 

 

じっくりやっていると最後の問題までいかずに時間切れ。

 

読んですぐに文章を理解し、条件を整理し、間違えずに早く計算する。

 

いくつかの条件をあわせて考える必要があるのでうっかりミスや

 

見逃しをする可能性ありそう。 

 

注意深く問題を読む必要あり、時間がないとあせるとうっかりミスを

 

誘発する。  

 

小学6年生でこれをやるってすごいな。こきりん、挑戦してるのすごいな。

 

全て文章問題で問題数が少ないので1問の得点が大きい。

 

部分点もあるだろうが苦手な問題がでると厳しい。

 

こきりんは落ちたら地元中学でも楽しそう!という状況だったが

 

3年後にまた受験だ。 投資額(塾代)も大きい。

 

受かるといいな! 受かるといいな!

 

反省)都立中学受検 投資額だけで考えるとハイリスクだ。

私立の受験練習校を決める

塾より都立志望校と私立練習校の受験予定校のアンケートがありました。

 

都立NGで私立に合格した場合、入学するか、しないか?

 

夏頃は私立入学も迷っていましたが入学はしないと決めました。

 

理由は私立の学校説明会に行ってみて

 

こきりんが「行きたい」という気持ちにならなかったこと。

 

母きりんも同意見。

 

私立中学の学校説明会には親子2人で行ってきました。

 

難関大学に合格したOGOBご本人の登場による進学アピール

 

*入学試験の過去問の紹介

 

*私立型の試験と適性検査型の試験の説明

 

丁寧な説明があり、進学に熱心ないい学校だと思いました。

 

・・・でも何かが違う。

 

入学したら乗るであろう通学バスに揺られながら、

 

母きりんは「あんまり乗りたくないな」と思ってしましました。

 

相性やご縁、フィーリングがあうかどうか、実際に学校に足を運んでみると

 

感じるものがありました。

 

ネット情報だけでは分からない、学校選びで結構大事なことかも。

 

でも説明会の最後のアンケートにはしっかり名前を書いて出してきました!

 

 

もう一つの理由は地元中学校がよい学校だったこと。

 

進学指導もしっかりしていて都立、市立、どちらの中学校に通っても

 

楽しく過ごせるだろうと思いました。

 

こきりんにとっては恵まれた環境での受検チャレンジです。

 

都立がダメだったら、高校受験で頑張ろう!!と

 

当初の予定通りの、方針が決まってすっきりしました。

 

チャンスは3回! ①中学受検、②都立高校受験、③私立高校受験

 

中学、高校、大学と学校だけで人生が決まるものではないけれど

 

そこで出会う人、影響や刺激を受けること、その先の進学、就職

 

と考えると10代で選択することの影響は大きいなと思います。

 

自分の時は深く考えず進路を決めて、こきりんも深く考えていないだろうけれど

 

親として子供に よりよい人生 を歩んで欲しいと思うほど

 

悩んだり、口うるさくなってしまったり(←子供にとってプラスとは限らない)

 

反省とやり直しの日々です。 

 

 

反省)よりよい人生って何だろう。 

   こきりんが決めること ということは分かっているのだけれど。

日特ひどぉーい!!

6年生 秋  

 

日曜特訓は毎週のようにある。  

 

毎月、合格判定模試もある。

 

学校説明会、文化祭、とにかく忙しい!!

 

文化祭は5年生までにいっておくべきで

 

6年生の秋は日程が取れない。  っていうことが分かりました。

 

でも去年楽しかったから、今年も行きたい!!

 

で日特の前、午前中だけ行きました。

 

学校を出る時間を決めていたのだけれど、見たいものがいろいろあって

 

時間が押し押し!  

 

タクシーの中でパンを食べながら移動して間に合った!!

 

 

日曜も祝日にも 日曜特訓が連続して組み込まれていた秋。。。

 

母きりん「〇月〇日も日特があるよ」

 

こきりん「日特!? ひどぉーい!」

 

母きりん「 ? ? 誰がひどいのぉ? 」

 

  「日特行きたいから申込んでと言われてお金を払っているママがひどいのぉ?」

 

  「合格するために日特という特別授業を用意している塾がひどいのぉ?」

 

こきりん、何も言い返せず。

 

思わず「ひどーい」て言っちゃった気持ちは分かるんだけどね。

 

この後の志望校別講習には合宿も組み込まれていました。

 

合宿には乗り気でないこきりんも秋の合宿には参加。

(あとで行かなきゃよかったと言っていたけれど・・・)

 

なんかちょっとエンジンかかってきたのかな。

 

日曜特訓も模試も相変わらず、ボーダーをいったりきたりしているが

 

後半になるにつれて徐々に上がってきている。

 

 

合格判定模試の結果には成績上位者の名前が載っているのだけれど

 

関係ないと思っていたから見ていなかった。

 

ある時、友達(都立受検する友達4人しか知らないのだけれど)が上位に載っていると

聞いて見てみたら、ほぼトップにいる!

 

すごい!!  でも母きりん、冷静でいられない。

 

やらなきゃ!! やらなきゃ!! やらなきゃ!! ってあせる。

 

こきりんは 「えーすごいね!!」 ってあせる気配なし。

 

に見えてるだけかな?? 

 

あせってもあせらなくても秋はどんどん過ぎてゆく。

 

私立の練習校は決めたので学校説明会の予定を入れる。

 

私立の文化祭も行ってみたい気がするが日特・模試で時間がとれない。

 

6年生秋になってやたらとあせりだす、母きりん。

 

反省)人は人、気にしないこと! でもでも、あせる! そわそわする!!!

 

6年生夏合宿・・・行かない

6年生 夏休み前の保護者説明会

 

こぐまは中学受験にはほぼ関わっていなかったのだけれど

 

母きりんが仕事なので代わりに行ってもらった。

 

メインは「夏合宿の勧誘」

 

こぐま、見事に勧誘されて帰ってきた。

 

夏合宿に行くか夏期講習に行くか

 

塾の説明を聞くと「夏合宿 絶対行ったほうがいい!」

 

っていう気になるの! 

 

こぐまも母きりんも「夏合宿、行ったほうがいいんじゃない?」

 

と何度か勧めたのだが・・・・

 

こきりん 「衛生面が気になる」  だそうです。

 

結局  ”夏合宿”  行きませんでした!

 

でも去年までとは違い、

 

夏期講習以外でも自習室に行って勉強していた様子。

 

母きりんはというと

 

「受験は夏休みで決まる」 「受験の天王山!」 などの言葉が頭をよぎり

 

しっかり計画して勉強を!とあせる反面、

 

この計画でよかったのか?  思うように進まない気もする!

 

ただ時間だけがすぎてゆく・・・・・ で夏休みが終わってしまった。

 

まだまだ苦手分野の取り組みが不十分な気がする。

 

この頃から、母きりんのメンタルやられ気味。

 

・去年までの「日々の計算」とか毎日ちゃんと取り組ませればよかった。

 

・読解力が不安すぎる。今からどうすればいい?

 

・取り組んだほうがいい課題がたくさんありすぎる!

 

のに こきりん あせっていない。 マイペースに見えてしまう。

 

スマホやっているのを見ると イライラしてくる。

 

こきりんは休憩時間というけれど、休憩時間のほうが長い気がするよ?

 

思えばこの頃からずっーとスマホ時間の攻防している。

 

模試の結果が悪いと母きりんの不安が増大して

 

スマホと勉強時間の管理がうるさくなる。って繰り返しだったかなぁ。

 

ガミガミ言いたくなるし、それによって子供がつぶれちゃうかも。

 

っていうのも分かるんだけど、つい言ってしまう、そして自己嫌悪。

 

もう、自分自身の受験より10倍きついです。

 

メンタルがもちません。

 

ネットで受験リサーチかけちゃうともっとメンタルやられる気がするので

 

見ない!と決めていました。

 

成功例のこれやっていましたを見ると "やらなきゃ" ってさらにあせるはず。

 

 

塾から過去問の教材が届いたのだが、「まだやらないで下さい!」とのご指示。

 

塾から言われることは素直に従っています。

 

反省)もう、自分でもメンタルはどうしようもできない。

   「中学受験は父親の経済力と母親の狂気」by二月の勝者

    ”母親の狂気”  ちょっと理解できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都立中・私立中・高校受験・ぐるぐる

6年生、いよいよ受験が現実味を帯びてくる。

 

私立の練習校をどこにするか?

 

都立中学の志望校は、5年生で行った文化祭であっさり決定!

 

 

私立中学は行くつもりがないので、模試の時は近い順に3校書いていた。

 

当初は、なんとなく電車で数駅先の女子校を受けるつもりでいたのだけれど

 

塾の面談で全く考えていなかった共学校を紹介されました。

 

2つ隣の駅からスクールバスがでている。最近、進学率が上がっているらしい。

 

「もし私立受験して進学の可能性があるなら、学校説明会は必ず行って名前を残してきて下さい。」とのこと。

 

本気度示せ! ってことですね。

 

ホームページを見たら派手さもなくどちらかというと地味な印象。

 

ついでに当初、考えていた女子校のホームページも見る。

 

母きりん「この女子校、挨拶は ”ごきげんよう” だって」

 

こきりん「 無理!! 」

 

この頃、父のこぐまが知り合いから他の女子校はどうかと勧められた。

 

なんでもこぐまの中学時代の憧れの女子校だったそう。

 

いい学校だと思う!  校風も派手さもなく堅実だと思う!

 

でもね、その私立中学は適性検査型は実施していないの。

 

そもそも、都立とは受験対策が違うから今から変更は難しいの。

 

 

都立中学に行けなかった場合、高校受験はどんな感じなのだろうか?

 

塾から紹介された共学校に高校で推薦入学するにはオール5が必要になるとか。

 

自ら調べたわけではないが女子の場合、高校受験での選択肢が少ないときく。

 

母きりん、地方公立高校出身なので都立高校しかイメージがわかないんですけど、

 

ここにきて、私立中学進学もちょっと心をよぎる。 

 

ひとまず、

 

通学範囲の都立高校を調べる。偏差値調べる。

 

母きりんが行ってほしいなと思う都立高校は2つあるけど、偏差値届くのか?

 

志望校の都立中高一貫を高校偏差値に換算したよりも若干、偏差値高いぞ。

 

高校から入学できる私立高校は・・・・・調べず。

(そういえば、なぜ調べなかったんだろう?)

 

最後はこきりんが決めることだけれど、私立中学の可能性も考えて資金計画必要?

 

この頃、ほぼ毎月10万円程、塾費用が引き落としされていた。

 

日曜特訓とか、春期講習とか、夏期講習とか、諸々諸々。6年生はお高い。

 

紹介された私立中学の口コミを見ていたところ、気になる記事が・・・

 

成績上位を目指すなら塾必須って   えーーー!!

 

別の私立に通っていた友人(優秀なお子さん)に塾にも行っていたか聞いてみた。

 

「行ってましたよ」 ← 当然!って感じ。

 

当時、金銭感覚マヒしてて 塾=月10万円の感覚だったので

 

私立授業料 + 塾代月10万円?! いや、無理でしょう!!  

 

高校受験? 私立中高一貫? 塾代??

 

ぐるぐる考えて もうわけ分からなくなってるんだけど、受験年でなければ月10万円も塾代かからないでしょ。と今ならすぐ気づく。

 

ちなみに こきりん、今中学2年生、塾行っていません。

 

反省)冷静に考えようね。この当時、塾代、教育費、上等!って気分だったんで。

母きりん、勉強のジャマしてた。。

母きりんは芸術鑑賞するような家で育ったわけではないのだが

 

美術館でモネの「日傘をさす女」を見て

 

えっらく感動!!!

 

以来、時々は美術館や演劇を見に行ったりする。

 

こきりんが年長になった頃からワンピース着せて

 

子供向けのミュージカルを見に行ったり楽しかったな。

 

今は親と出掛ける時間があるなら友達と出掛けるし、

 

ましてや”ワンピース” なんて絶対に着てくれない。

 

小学生までは こきりんも

 

新国立美術館でケーキを食べるとか ← 一番のお気に入り

 

上野公園近くのお店でご飯を食べるとか 

 

美味しいもの目当てで喜んで一緒に出掛けていたのだけれど。。。

 

6年生の春頃だったか、、

 

上野の美術館で親子3人、入場待ちをしていた時のこと

 

母きりん「帰りはどこのお店でご飯食べようか?」

 

こきりん「今日は早く帰りたい」

 

母きりん「ご飯食べていかなくていいの?」

 

こきりん「帰って日特の解き直しやりたいから」

 

母きりん「そ、そ、そうだよね、、、やる時間ないものね」

 

・・・・・・かなり 動揺 動揺 動揺

 

 「日特受けるだけじゃなくて解き直しが大事だよ!」

 

って 日ごろ、偉そうに言っておきながら 勉強のジャマをしていたのは

 

母きりんだった、、、、、

 

ダリの絵なんてさほど興味もないだろうに

 

日特の心配をしながらも付き合ってくれたんだ。

 

6年生になったら毎週、日曜特訓だったから

 

土曜日に外出しちゃったら、時間ないよね。ごめん。

 

こきりんって

原宿行きたい! 新大久保行きたい! ディズニー行きたい! お買い物大好き!

 

のタイプだったから

 

(あ、ちゃんと考えてるのね、母よりも!

 

ってうれしくもあったのだけど、、

 

自分の ”考えのなさ加減” にえらく落ち込んだ日でした。

 

 

でも先日テレビで葛飾北斎の番組を見ていたら、

 

こきりん「あ、この絵 見に行ったよね!」

 

(母きりん、まったく覚えていなかったのだけど、、、)

 

美術館で見た絵、覚えていたんだ。 よかったぁー!

 

 

反省)後先考えず、あれもこれもとやりたいこと予定に詰め込むのやめよう。

昔からの悪い癖。

 

 

 

とうとう、きてしまった受験年

5年生の2月。

 

塾では新小学6年生の授業が始まる。

 

こきりんが大好きだった美人先生がいなくなってしまった。

 

新しい先生はベテランのおじさん先生。

 

もともと人見知りする、こきりん  

 

新しい先生、それもおじさん。。。(っていっても多分40代?)

 

きっと質問にいかない、話もしないかもしれない。

 

案の定、保護者面談に行ったことろ、

 

先生談

「なかなか打ち解けてくれていない。時々は話しかけているんですがね」

 

受験の年に 不安がよぎる

 

学校の男の先生も5年6年の女子は気を遣うと言っていたから仕方がないか。

 

学習面では

 

こきりんだけでないが、5年生までに覚えるべき事ができていないとのことで

 

5年生のテキストを家庭学習で復習するようアドバイスがありました。

 

ひとつ気になったのがこのおじさん先生、人の目を見て話さない。

 

いや、別に面談中、ずっと目を合わせてるのも変だけど

 

一度も目を合わせないっていうのも保護者としては

 

不安、不満、なんかモヤモヤして面談終わりました。

 

でもアドバイスは的確なのかもしれない。テキスト復習まじめにやりました。

 

先生との相性ってありますがあまり気にせず、やることきちんとやろ!

 

 

先生との相性といえば、5年の担任とは相性が悪くて

 

こきりんは自分の仕事が先に終わったので友達の係りを手伝っていたのに

 

「遊んでいるな!」と注意されたりといった具合で嫌いだったそう。

 

6年の担任の先生は若くてまじめな先生で「当たり」だったんんだけど

 

その先生に1学期の終わりごろ、 

 

「こきりんさんって意外とちゃんとやるんだね」

 

と言われたそうで「意外とって」前年の先生にどんな引継ぎされてたんだ?

 

内申はあまり、期待できないから本番で頑張るしかないね。こきりん。

 

とうとう、きてしまった6年生、受験年。

 

どんな1年になるのか。

 

前期から日曜特訓に申し込み、とってもお金のかかる1年になること間違いなし!

 

反省?)いまでも”先生に受けの良い生徒”にはなっていないもよう。

    そこがこきりんのいいところ